マイホームを賃貸に出す|中古マンション投資で人生が変わる|脱サラしたいなら今
そろばん

中古マンション投資で人生が変わる|脱サラしたいなら今

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームを賃貸に出す

貯金箱

専門業者に任せられる

マイホームを購入したときには、一生住み続ける計画だったと思いますが、転居しなければならない事情が生じたときにはリロケーションの方法で収入を得ることができます。法律が改正するまでは賃貸にすると所有者が戻ってきたとしても、住宅を明け渡してもらえないリスクがありましたが、現在では定期借家権の制度が導入されていますので、安心してリロケーション住宅として活用できるようになっています。使っていない住宅をリロケーションとして貸し出すことによって、安定した家賃による収入が入ってくることが人気の理由です。何も使用していなければ収入が入ってくることはありませんが、リロケーションとして賃貸に出すことで第三者が借りることになり賃料が入ります。専門の業者があることもリロケーションをしやすくしている理由となっており、トラブルが生じたとしても業者と契約をしておけば一切の問題に対応してもらうことが可能になります。

空室を出さないようにする

リロケーションはあくまでも賃貸物件として活用する方法ですので、借主がいなければ利益を上げることにつながりません。空室にならないようにするには、魅力的な条件を設定するなどの工夫が必要で、他の物件との差別化を図ることが重要です。借主が見つけられないときには、家賃を安くする対策が即効性があると言われています。リロケーション物件は賃貸用として作られている物件ではありませんので、一般的な賃貸物件と比較して借主が見つけにくいと言えます。家賃を安くすることで、借主を見つけられる確率を高めることが可能となります。一戸建て住宅をリロケーションとして活用するときには、家具を備え付けた状態で貸し出す方法も良い対策になります。