女性

中古マンション投資で人生が変わる|脱サラしたいなら今

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームを賃貸に出す

貯金箱

現在では定期借家権の制度があるために、使用していないマイホームをリロケーション住宅として活用できます。使用していない物件を他人に貸し出すことで、家賃の収入が得られます。空室にならないように、魅力的な条件を設定することが大切です。

もっと読む

不労収入を得るなら

メンズ

サブリースは購入した物件を管理会社に貸すという形で賃貸を経営する方法です。大家の仕事は楽なものではありません。サブリースにかかる費用を高いと取るか安いと取るかは人それぞれです。何もせず不労収入を得たい方には検討する価値のある方法です。

もっと読む

経営を見据えて買おう

集合住宅

資産運用として、マンション英英をするにあたっては新築マンションを投資用として購入する蚊、それとも中古マンションを投資用として購入するのかの選択を迫られます。中古マンション投資にはどのような特徴があるのでしょうか。まず、利回りが高いというのが中古マンション投資の一つの特徴です。経年劣化によって物件自体の価値は大きく下がりますが、家賃自体はそれほど変わることはありません。新築の時にあるマンションを買うのと10年後の同じマンションを購入するのでは購入時の費用には大きく差が出ますが、家賃が大きく下がることは無いので、利回りが高くなる傾向にあるのです。また、手ごろな価格で購入できるのも特徴で、更に購入した部屋に入居者が居ればすぐに家賃収入を得る事も可能です。

中古マンション投資を成功させるにはそれなりの工夫が必要です。中古マンション投資において最も注意しなければいけないのは空室リスクです。特に日本人は新築を好むので、中古マンションは新築に比べれば競争力は低くなります。中古マンションに競争力をつけるには物件のお得感を演出する事が大切です。例えば、なかなか入室者が決まらないのであれば値引きをする工夫も必要です。家賃を値引くのが嫌だという人は敷金や礼金を値引くという方法が効果的です。敷金や礼金が安い物件というのは借りる側からすると魅力的ですし、貸す側からしても入室時に一度だけ受け取るお金なので、家賃を下げるよりもリスクがずっと少なくて済みます。また、フリーレント機関として、一ヶ月家賃を無料にするというサービスをつけるのも有効でしょう。

今流行りの投資物件とは

ソーラーパネル

家の屋根などに設置して家庭の電気を賄い余った分を電力会社に送っていた以前の太陽光発電ではなく、今は土地付き太陽光発電という投資に人気が出ています。空室のリスクがないことや家賃の下落がないこと、利回りが高いことなどの理由で人気が高まっています。

もっと読む